クラシアン「くら清みず」の性能とレンタルコスト


クラシアンが提供する家庭用浄水器「くら清みず」には据置型、蛇口直結型、水栓一体型があると前回ご紹介しました。
前提条件として取り付け工事は避けたいので、検討するならば据置と蛇口直結の2タイプです。据置ならばレンタル、蛇口直結は年間契約による購入となるようですが、ここで気になったのが蛇口直結の「年間契約による購入」。よくよく調べたところ、一年間定期的に交換カートリッジが届き、満了時に契約を更新すると付け替え用の新しい本体が届くというものでした。最小限の手間で最善の品質を保つための契約というわけですね。
以下がそれぞれのスペックと費用です。
据置型の通水量は毎分3L、カートリッジの交換は年に1回程度、サイズは高さ180mm幅115mm奥行130mm。コンパクトで邪魔にならず、設置やメンテナンスといった負担もなく、月額1,450円でレンタル可能とのこと。
気になるのは水勢が弱そうな点、年間で17,400円という使用料はやや割高な気もします。
続いて蛇口直結型ですが、サイズやろ過の制度は一般的な製品と同程度といった印象。
毎分の流水量は2L程度、水勢は据置型とほぼ変わらないようです。
交換時期になればカートリッジが送られてくる年間契約で、費用は月々1,250円。年間合計は15,000円になります。