ミネラル石のフィルターを使ったゼンケンのスーパーアクアセンチュリー MFH-220


ゼンケンの浄水器「スーパーアクアセンチュリー MFH-220」は、長寿の町として知られる山梨県上野原町棡原(ゆずりはら)の千枚岩から採掘したミネラル石をフィルターとして使っています。
ミネラル石のフィルターを通すことによって、水本来の美味しさが実現できるとのことです。
なるほど、天然のミネラル石のフィルターが水を美味しくしてくれるということですね。
水道水が天然水に近づくなら、ウォーターサーバーいらずなので便利だと思います。

ゼンケンの浄水器「スーパーアクアセンチュリー MFH-220」のカートリッジはツインタイプで、6層で不純物をろ過してくれるようです。
第一層は先ほど紹介したミネラル石、2層目は高純度粒状活性炭、3層目はブロック活性炭、4層目は繊維状活性炭、5層目はイオン交換繊維状活性炭、6層目は中空糸膜という構成になっています。
6層のフィルターがしっかり不純物を取り除いてくれるなら安心ですね。
ツインカートリッジというのもなかなか興味が引かれます。

OSGコーポレーションと比較してベストな浄水器を選びたいと思います。
今のところはOSGコーポレーションに軍配が上がっているかなぁ。