東レ「トレビーノ」の実力


東レだから“トレ”ビーノなんでしょうか。なんとも安易なネーミングのように思えますが、最新機能がいっぱい備わっているなかなかハイテクな浄水器のようです。ブランドコンセプトは「生まれたての水」となっているように、ネットの評判を読んでみたところナチュラルでまろやかな口当たりが特徴で、カルキ臭もほとんど感じないようです。どんな秘密があるんでしょうか。
トレビーノの特徴は「ダブル濾過システム」です。「粒状活性炭」と「多層構造中空糸フィルター」の2つの濾過を通すことで、カルキ臭の元になっている遊離残留塩素を強力に除去。他にも様々な不純物を除去することに成功しています。しかも、このシステムのスゴイところは、ミネラルとマグネシウムを残したまま、除去しているということ。ミネラルを豊富に含んだカラダによい水を飲むことができます。
また最近は、どんな家電にもエコ機能が付いていることが当たり前になってきていますが、トレビーノも例外ではなく、環境に優しい浄水器を想定して作られているようです。ホームページの説明を見ると、900リットル入るカートリッジは2リットルペットボトルの450本分となり、204倍のゴミの量を減らすことができるそうです。エコ志向が強い人にとっては見逃せない数値だと思います。