電極寿命が15年の日本トリムの電解水素水整水器「TRIM ION HYPER」


浄水器だけでなく、整水器についても調べようと思ったので、今回は整水器について学んだことをメモとして記したいと思います。
今日調べたのは、日本トリムの 電解水素水整水器「TRIM ION HYPER」です。
整水器というのは、水道水を浄水した後、電気分解してアルカリイオン水と酸性水にするものです。
浄水器よりもワンランク上の浄水器といった感じでしょうか。

「TRIM ION HYPER」は電極寿命が15年のプラチナメッキ電極を使っているので、長持ちするのが特徴です。
整水器は電気分解能力がないと意味がないので、電極が長持ちするかどうかはとても大事。
電気分解すると水の中に含まれるミネラルが電極板に付着し、電解能力が低下してしまいます。
「TRIM ION HYPER」はプラチナメッキ電極と、「ダブル・オートチェンジ・クロスライン方式」という独自技術を取り入れることにより、電解能力の低下を防いでいるので、通常よりも長持ちするようです。
なるほど、整水器は電極の寿命も大きく関係しているのですね。

整水器か浄水器か、どちらがいいか迷いますが、コスト的に考えると浄水器で十分かなと思います。
OSGコーポレーションの浄水器なら十分満足できそうですし。