冷蔵庫に入るクリンスイのポット型浄水器「CP207」


浄水器は蛇口に設置するものを想像される方がほとんどだと思いますし、私もそうです。
実はポット型の浄水器もありまして、ポットの中に水を入れるだけで浄水してくれます。
クリンスイの「CP207」はスリムな形状のポット型浄水器ですので、冷蔵庫入れやすそうです。
言わばお茶のポットの浄水器版ということですね。

ポット型浄水器はお値段がリーズナブルですし、お茶よりも水をよく飲む方は通常のお茶ポットを購入されるより、ポット型浄水器が良いのではないでしょうか。
「CP207」は2.0リットルの容量なので水がたっぷり入りますし、冷蔵庫に入れて冷やしておけるので夏場などは冷たい水が飲めて最高ですね。

私はOSGコーポレーションの浄水器の購入を念頭に置いて浄水器を比較しているのですが、ポット型浄水器も持っていてもいいかなと思っています。
通常の浄水器は必要なので購入しますが、ポット型浄水器も便利そうなので。
でもよく考えてみると、蛇口に設置する浄水器を購入するならその時点で浄水できているので、ポット型浄水器は不要かもしれませんね。
うーん、欲しいのですけど、2つも浄水器は必要ないと考えると、通常の浄水器だけでいい気がしてきました。

5段階5本フィルターを搭載した逆浸透膜浄水器「IonicRO」


逆浸透膜浄水器「IonicRO」はアメリカの製品で、5段階5本フィルターを搭載した高い浄化力を持っています。
コンパクトサイズの浄水器ですが、5段階5本フィルターによって不純物をしっかり除去してくれるようです。

逆浸透膜浄水器「IonicRO」はレンタルと購入プログラムがあります。
レンタルと購入のどちらがお得かは使う期間にもよるので一概には言えませんが、購入する前にレンタルして使ってみてもいいかもしれませんね。

レンタルで使ってみて良い感じなら購入する、イマイチなら他の浄水器を探すという選び方もアリです。
浄水器を購入するとなるとそれなりの価格になるので失敗したくありませんよね。
レンタルスタートは賢い探し方と言えます。

逆浸透膜浄水器「IonicRO」は海外の浄水器なので調べてみても情報が少なく、判断の決め手に欠いています。
国内メーカーの浄水器ならある程度情報があるので判断しやすいですが、情報が少ない海外メーカーの浄水器は判断しづらいですね。

ホースが引き出せるタカギの蛇口一体型浄水器「みず工房」


株式会社タカギの蛇口一体型浄水器「みず工房」は、ホースが引き出せるタイプの浄水器です。
蛇口がホースとして引き出すことができるので、シンク内をササッと綺麗にすることができます。
自分がシンク内を洗う時のことを考えてみると、シンクの角には手ですくって綺麗にしているので、ホースが引き出せるタイプの浄水器はかなり便利そうです。

「みず工房」は6通りの切り替えが可能で、原水ストレート、原水シャワー、原水エコシャワー、浄水ストレート、浄水シャワー、浄水エコシャワーを用途に応じて切り替えることができます。
6通りも切り替えができるのも便利そうですね。

「みず工房」の他の特徴としては、浄水ヘッドを外すだけでカートリッジが交換できるので、カートリッジが交換しやすい点でしょう。
カートリッジの交換は浄水器のメンテナンスに不可欠ですので、交換しやすいかどうかも大事な比較ポイントですね。

「みず工房」には自動クリーニング機能が付いているので、目詰りを防いでくれるのも特徴です。
微細なゴミが溜まっていくことで目詰りしてしまうので、自動でクリーニングしてくれるのは助かります。

最有力候補であるOSGコーポレーションの浄水器と比較して、どの浄水器がいいか選びたいと思います。

ドロップ形のデザインがかわいいメイスイのコンパクト浄水器「POZZO」


メイスイのコンパクト浄水器「POZZO(ポッツォ)」のデザインはドロップ型で、とってもかわいらしいです。
浄水器の形状は長方形や円柱形だったりが多いのですが、ドロップ型もいいですね。

「POZZO」のビルトインは直径90mm × 高さ270mmのコンパクトサイズなので、キッチンに置きやすいと思います。
せっかく購入してもサイズが合わなかったり、置きにくいと使い勝手が悪くなってしますので、浄水器はサイズチェックも欠かせません。

「POZZO」は3段階のフィルターを採用していて、臭いや不純物をしっかり除去した上で、ミネラル分は通してくれるので美味しい水になります。
ミネラル分まで除去してしまっては台無しなので、フィルターの性能もしっかりチェックしています。

カートリッジは水道水3,000リットルを浄水する力があるので、1日8リットル使用するご家庭ならカートリッジは約1年間使用できます。
1日の水の使用量を測ったことがないですが、一人暮らしなら1日8リットルも使わないでしょうね。

浄水器は調べれば調べるほど色々な個性があることが分かり、調べる前よりも浄水器が好きになっています。
色々比較してひとつの浄水器に絞らなきゃいけないのですが。

チェックウィンドーでカートリッジ交換時期が分かるクリンスイの浄水器「ピクシーウィン」


蛇口取付けタイプの浄水器を購入するにあたり、ひとつ不安なのがカートリッジの交換し忘れです。
カートリッジが汚れた状態で使うと浄水力が落ちるので、カートリッジを定期的に交換しなければなりませんが、私にはいつ交換したのかメモするといったこまめさがないのでカートリッジの交換が分かりやすい浄水器がいいかなと思っています。

そうした私の希望に沿った浄水器を探したところ、クリンスイの「ピクシーウィン」という浄水器にたどり着きました。
「ピクシーウィン」はチェックウィンドーでカートリッジの交換時期が分かるので、私のようにカートリッジの交換をメモしない人に最適です。
カートリッジを取り外さなくても汚れ具合が分かるのはいいですね。

「ピクシーウィン」のレバーは浄水、原水、節水シャワー、シャワーの4段階があるので、用途に応じて使い分けられます。
節水シャワーは約30%の節水効果があるので、食器を洗う時などに活躍しそうです。

うーん、価格がリーズナブルですし気になる浄水器ですね。
色々比較して、これだと思える浄水器を選びたいと思います。

約2年間交換不要のカートリッジ交換不要のPanasonicのアルカリイオン整水器「TK-AS43」


Panasonic製のアルカリイオン整水器「TK-AS43」は、約2年間浄水カートリッジが交換不要だそうです。
浄水器や整水器でカートリッジの交換サイクルが約2年間って結構長いですよね。
カートリッジの交換は浄水器を使用する上での手間なので、2年間交換しなくていいのは楽でいいですが、交換忘れそう・・・。

アルカリイオン整水器「TK-AS43」はデザインがとてもスタイリッシュで、カラーはライトピンクとクリスタルシルバーがあります。
ピンクはちょっとかわいすぎるので、もし購入するならクリスタルシルバーですかね。

「TK-AS43」は原水を約20%節水できる泡沫原水ストレートと原水シャワーが使える仕様になっています。
他の特徴としてはブラックの液晶を採用していて、視認性が良さそうという点です。
うん、なかなか良さげな浄水器ですね。

と思ったら、生産終了してました^^;
そうかぁ、もう生産してないんですね。
OSGコーポレーションの浄水器が今のところ一番なので問題ないですが、浄水器を調べる時はまず生産しているかどうか確認した方がいいかもしれませんね。
こういう浄水器もあるんだという知識になるので時間のムダにはなりませんが、これだと思った浄水器が生産終了していたらがっかりしちゃいますしね。

66項目83種類の有害物質除去ができるマルチピュア社の浄水器「アクアリーノ」


前回に続き、マルチピュア社の浄水器について調べました。
今回調べたのは「アクアリーノ」という浄水器です。
「アクアリーノ」の特徴は、世界最多となる66項目83種類の有害物質除去が可能である点です。
もちろん除去テストをクリアしているので、効果は実証済みとなっています。

浄水器を選ぶ上でどのぐらい有害物質除去ができるかは非常に気になるところで、最近は放射性物質の除去についても気にするようになりました。
「アクアリーノ」は66項目83種類の有害物質の除去だけでなく、放射性物質除去試験でも有効性が実証されているので、放射性物質の除去も可能です。

すごいですね!
「アクアリーノ」は世界でもトップクラスの除去能力を持つ浄水器なので、水道水をかなり綺麗にしてくれるでしょう。

「アクアリーノ」は高い有害物質除去能力だけでなく、デザインがオシャレである点にも興味を引きつけられました。
「アクアリーノ」は八角形のデザインで、パッと見でインテリアのような雰囲気が漂っています。
カラーはシルバーなのでクールでカッコよく、すごくデザインがいいですね。
でもまだ今のところ、OSGコーポレーションの浄水器が最有力候補です。

世界80カ国で使用されている世界的な浄水器「マルチピュアMP750SB」


アメリカのマルチピュア社が販売している「マルチピュアMP750SB」は、世界80カ国で使用されている人気の浄水器です。
世帯数だと850万世帯以上、世界的に普及している浄水器なので、浄水器を購入するなら選択肢に入れておきたいですね。

「マルチピュアMP750SB」は円筒状で丸っこくちょっとかわいいデザインです。
サイズは幅150㎜ × 高さ215㎜で、シンク下に設置して使用します。
大容量のビルトイン型浄水器で、有害物質83種類の除去テストをクリアしているので、水道水の不純物をしっかり除去してくれます。
世界各国で水事情が異なりますが、「マルチピュアMP750SB」が世界80カ国で使用されているということは、どの国の水道水も浄水する力に優れているということですね。

日本国内の浄水器を中心に探していますが、マルチピュア社のような海外の浄水器メーカーも選択肢に入れようかなと考えています。
選択肢の幅は広い方がいいですし、徐々に絞り込んでひとつに決めたいと思います。

色々な浄水器を見ていて思ったのですが、浄水器の形状はメーカーによって様々で、個性のあるデザインの浄水器も多いですね。
デザインも浄水器選びのポイントになるので、デザインにも注目しています。