災害時に活躍!東洋技研株式会社の携帯できる浄水器「 mizu-Q」


家庭用の浄水器を探しているので目的から外れるのですが、ちょっと面白い浄水器を見つけたので紹介したいと思います。
東洋技研株式会社というメーカーの「mizu-Q」という製品なのですが、実はこれ、携帯ができるストロー型の浄水器なのです。
直径19mm×高さ133mmの小さな浄水器の中に粒状活性炭、コーラルサンド、銀添着活性炭が入っていて、ストローのように吸いだすことで家庭用の浄水器と同じように浄水してくれます。
河川水や湖の水など、アウトドアや災害時に使える浄水器で、飲水が必要な時にあると重宝すると思います。
海水の淡水化、硬水の軟水化、毒物の入った水には使えませんが、河川水に使えるのは便利です。
価格は2,484円(税込)なので、購入しておくと災害時に役立つと思います。

アウトドアや災害時用の浄水器なので、私が今探している家庭用浄水器とは目的が異なりますが、携帯できる浄水器があるというのを知らなかったので勉強になりました。
ペットボトルに取り付けて汚水を浄水する「mizu-Q P」という製品もあります。
濁った河川水につけてストローのように吸い込むより、ペットボトルに河川水を入れて浄水してから飲む方が飲みやすいかなと個人的に思います。

電極寿命が15年の日本トリムの電解水素水整水器「TRIM ION HYPER」


浄水器だけでなく、整水器についても調べようと思ったので、今回は整水器について学んだことをメモとして記したいと思います。
今日調べたのは、日本トリムの 電解水素水整水器「TRIM ION HYPER」です。
整水器というのは、水道水を浄水した後、電気分解してアルカリイオン水と酸性水にするものです。
浄水器よりもワンランク上の浄水器といった感じでしょうか。

「TRIM ION HYPER」は電極寿命が15年のプラチナメッキ電極を使っているので、長持ちするのが特徴です。
整水器は電気分解能力がないと意味がないので、電極が長持ちするかどうかはとても大事。
電気分解すると水の中に含まれるミネラルが電極板に付着し、電解能力が低下してしまいます。
「TRIM ION HYPER」はプラチナメッキ電極と、「ダブル・オートチェンジ・クロスライン方式」という独自技術を取り入れることにより、電解能力の低下を防いでいるので、通常よりも長持ちするようです。
なるほど、整水器は電極の寿命も大きく関係しているのですね。

整水器か浄水器か、どちらがいいか迷いますが、コスト的に考えると浄水器で十分かなと思います。
OSGコーポレーションの浄水器なら十分満足できそうですし。

本来の水道水の状態にしてくれるマキシムの浄水器


今まで、浄水器は水道水にもともと含まれている不純物を取り除くことを目的として考えていましたが、よくよく考えると、給水管の汚れも水道水に含まれるので、その汚れも取り除く必要があります。
そう考えるきっかけとなったのは、株式会社マキシムの浄水器について調べていた時です。
株式会社マキシムの浄水器は、給水管の汚れを除去することで本来の水道水の状態に戻してくれます。
赤水やサビによって浄水器の浄水性能が低下してしまうので、株式会社マキシムの浄水器には給水ろ過装置が備わっています。
浄水器は長く性能を維持することも大事なので、浄水器が持つ本来の性能を損なわせない給水ろ過装置があると安心ですね。

給水器の内部の汚れは気づきませんし、掃除をすることができないので、浄水器で除去するしかありません。
見た目には汚れていなくても、給水器に付着した汚れが剥がれて水道水に含まれてしまうので、そう考えると浄水器なしではとてもじゃないけど水道水を口にする気にはなれません。

今は簡易浄水器を使っていますが、あくまでも簡易なので、早く本格的な浄水器を購入したいです。
OSGコーポレーションで決まりかなと思っていますが、まだ自分が知らない知識や機能がありそうなので、もう少し調べてから決めたいと思います。

低価格&省スペースなアクアメディカルの浄水器「杜の銘水」


いろいろなメーカーの浄水器を比較していると、コストパフォーマンスだけでなく、省スペースな浄水器が便利だなと思うようになりました。
特に台所のスペースが手狭な家の場合、浄水器の置き場所に困るので、省スペースであるとありがたいです。

浄水器メーカーのアクアメディカルが販売している「杜の銘水」は、低価格、かつ省スペースなタイプの浄水器なので、ちょっと気になっています。
「杜の銘水」はシンク下に収納できるタイプの浄水器なので、台所に設置しても邪魔になりません。
ふむふむ、やっぱりシンク下収納の方が設置場所に困らないので良さそうではありますね。
カートリッジは回転式リングを採用していて、交換が簡単なのでメンテナンスの手間もかからなさそうです。

OSGコーポレーションを第一候補に、いろいろな浄水器メーカーの浄水器を比較している最中なのですが、調べるほど浄水器のことがよくわかって結構おもしろいです。
調べはじめる前まではあまり浄水器に興味はありませんでしたが、浄水器はメーカーによって個性があって、性能も形状もさまざまです。
その中から、自分にぴったりの浄水器を選ぶのが一番で、そのためには各社の浄水器を比較しています。