お風呂の残り湯を水道水レベルに浄水できる株式会社微量元素開発の「Bikou Water」


株式会社微量元素開発が販売している「Bikou Water(ビコウウォーター)」は、電気を使わずに濾過できる据え置き型の浄水器です。
ミネラル原液を添加した水を入れて濾過するというのが基本的な使い方ですが、お風呂の水を入れると水道水レベルに浄水できるだけの能力を備えています。

なかなか日常でお風呂の水を浄水することはないと思いますが、災害時に水道がストップしてしまった場合、飲水を確保するためにお風呂の水を使わざるを得ない、という状況に遭遇することがあるかもしれません。
「Bikou Water」は電気を使わないので、電気の供給がストップした状況下でも使用することができます。
災害時に備えて、こうした据え置き型の浄水器を買っておくのも必要かもしれません。

日本は地震が多い国ですので、いち大きな地震が起こるか分かりません。
もちろん自分が被災すること可能性も充分あるので、日頃から災害に対する意識を持ち、浄水器や非常食などを購入し、万が一の事態に備えておくことが必要だと、最近よく考えるようになりました。
人間は飲水がないと生きていけないので、飲水を確保する方法を用意しておくのは、災害の備えのひとつだと思います。

株式会社メテックスの「スイスクララ ピュア浄水器」で手軽に浄水


今日は株式会社メテックスが販売している「スイスクララ ピュア浄水器」について調べました。
「スイスクララ ピュア浄水器」はハンディタイプの浄水器で、ポットのように水を注いで浄水します。
上部にタンクがついていて、そこから水を注げば浄水してくれるので、使い方は至って簡単です。

フィルターにはイオン交換樹脂が使われていて、不純物をはじめ、鉛・亜鉛・アルミ・銅などの有害な物質を除去してくれます。
価格が安いので、とりあえず取り付けタイプの浄水器を購入するまでのつなぎとしてアリかなと思っています。
それに、取り付けタイプの浄水器を購入した後でも使えるので、購入しておいて損はないでしょう。

とは言え、OSGコーポレーションの取り付けタイプの浄水器を購入する予定の私としては、購入するかどうか迷うところではあります。

「スイスクララ ピュア浄水器」のようなハンディタイプの浄水器は手軽に浄水できるのはとても魅力で、持ち運びがしやすいので、アウトドアでも使えそうです。
なかなかアウトドアに出かける機会はないのですが、あれば便利だと思います。
浄水器は種類がたくさんあって面白いです。
今や家庭用浄水器は必須なので、浄水器の知識があるにこしたことはないですね。

タカギの蛇口一体型浄水器「クローレ」はモダンなシンプルデザイン


私が探しているのは取り付けタイプの浄水器ですが、いつかマイホームを購入する時は蛇口一体型の浄水器を取り付けたいなと思っています。
浄水器探しのついでなので、蛇口一体型の浄水器について調べてみました。

いろいろ調べていて、なるほどと思ったのは、蛇口一体型の浄水器はデザインも重要だということです。
たとえばタカギの蛇口一体型浄水器「クローレ」なんかは、デザインがシンプルでそれでいて洗練されているので、モダンなデザインの住宅に似合うと思います。
もちろん浄水器は浄水力や使い勝手も重要ですが、どうせ取り付けるならデザインにこだわった方が楽しいですよね。
取り付けタイプの浄水器もいろいろデザインがあるので、これからちょっとデザインにも注目してみようかと思っています。

OSGコーポレーションの浄水器が欲しい自分を抑えつつ、しっかり比較して浄水器を選ぶために日々浄水器について調べています。
なんだかんだで結局OSGコーポレーションを選ぶとは思うのですが、せっかくの機会なので浄水器について詳しくなるのもいいかなと思います。
調べてみないと分からないことがたくさんあり、知識が増えていくのが楽しので、まだしばらく浄水器探しは続ける予定です。

[追記]
こんなページを見つけました。
OSGコーポレーションの取り付けタイプの浄水器を購入する予定なので、こういった評判や口コミは参考になります

OSGコーポレーションの浄水器を使ったことある方、評判を聞いたことのある方に質問です。

OSGコーポレーションのアルカリイオン水の浄水器を買おうと、思ってますが…

洗浄力が低下しにくい株式会社ガイアのミネラルウォーター浄水器


浄水器について調べていると、アルカリ電解水という言葉をよく目にします。
アルカリ電解水は水と塩水を電気分解することで生成されるもので、洗浄力が高いため、細菌などを除去する能力を持っています。
このアルカリ電解水は空気に触れているとだんだんpHが低下していき、洗浄力も低下してしまう性質があります。

株式会社ガイアのミネラルウォーター浄水器で作るガイアウォーターは、安定性が高いためpHが低下しにくいという特徴を持っています。
pHが低下しにくいということは洗浄力が低下がしにくいということなので、浄水器で浄水した水の品質が安定している、ということになります。
なるほどなるほど、空気に触れたらpHが低下してしまうのを防ぐ仕組みがガイアウォーターにはあるということですね。

通常、電解水を生成する際、炭酸カリウムという混ぜ物を使っていることが多いのですが、ガイアウォーターは炭酸カリウムを一切使っていないので、純粋な電解水を作ることができます。
電解水について詳しく調べたことがなかったのですが、調べてみていろいろと勉強になりました。

OSGコーポレーションの浄水器と比較しつつ、後悔しないように浄水器を選びたいと思います。