イタリア生まれ、電子カウンターつきのいい感じのポット型浄水器「ライカカプリ」


OSGコーポレーションが扱っているような家庭用浄水器が欲しいのですが、それとは別にポット型浄水器があってもいいかなと思っています。
ポット型浄水器ならリビングでも使えるので、あれば活躍しそうです。

ポット型浄水器はたくさんありますが、イタリア生まれの浄水器「ライカカプリ」が気になっています。
デザインが海外っぽくてオシャレで、「持ってる俺カッコイイ」という感じを楽しめそうです。

電子カウンターでカートリッジの寿命を知らせてくれるので、交換忘れがありません。
ブリタやウォールのカートリッジにも対応しているそうなので、イタリア製の浄水器ですがカートリッジの取り寄せには困らなさそうです。

色はレッド、ブルー、ホワイトの3色があります。
ホワイトかブルーが無難ですが、ここは冒険してレッドを選ぶのもアリかなと思っています。
服でも家電でも赤を選ぶことがないので、ポットぐらい派手な色を選びたいという気持ちがあります。
派手といってもポットなので、そんなに目立つわけではないですけどね。

本格的な家庭用浄水器を買う前に、ポット型浄水器を買っちゃおうかな。
ポット型浄水器も比較して選ばないといけないので、やることがまた増えました。

ワインレッドのオシャレな浄水器「NEOS」


浄水器にデザイン性は求めていなかったのですが、コーウェイの「NEOS」という浄水器を見てちょっと考え方が変わりました。
「NEOS」はワインレッドのオシャレなデザインの浄水器で、見た感じは浄水器っぽくありません。
コンピューターのような形状で、こういうデザインの浄水器もいいなと思いました。

サイズは幅210mm、高さ370mm、高さ390mm、長方形の置きやすい形状です。
キッチンに置いてあったらオシャレだなと思います。

ネオセンスフィルター、ROメンズブレンフィルター、イノセンスフィルター、セラミックフィルターの4層構造になっていて、除去性能も高そうです。
デザインが良くても除去性能が低いとだめですが、ちゃんと除去してくれると思います。

OSGコーポレーションの浄水器が欲しいと思ったのがきっかけで始めたこの浄水器調査。
おかげで浄水器についてだいぶ詳しくなりました。
買って後悔はしたくないのでいろいろ比較しつつ、ベストな浄水器を選びたいと思います。
ここまで調べたところでは、やっぱりOSGコーポレーションの浄水器が一番かな。
これだけ比較して超えるものが見つからないということは、今買っても後悔しないと思いますけど、もうちょっと調べてから選ぶ予定です。

世界初のモミ殻活性炭フィルターを採用した浄水器「ヒカリックス」


浄水器によって使っているフィルターが違っているので、浄水器を買うならチェックしておきたいポイントです。
フィルターをメインに調べていると、サンシャインワン株式会社が扱っている「ヒカリックス」というセントラル浄水器があることを知りました。
「ヒカリックス」は世界初のモミ殻活性炭フィルターを採用しているのが特徴で、モミ殻活性炭はヤシ殻活性炭を超える吸着性能を持っているそうです。

モミ殻はこれまで有効な活用法が発見されておらず、年間約200万トンも使われないまま廃棄されていました。
浄水器のフィルターとして活用することで、廃棄されるモミ殻が有効活用され、エコにつながります。

「ヒカリックス」はセントラル浄水器なので、OSGコーポレーションのような家庭用浄水器を探している私が求めているのとは違いますが、すごく気になる製品です。

水の逆流を防止する逆流防止弁内蔵、高密閉度を実現したストロングプロテクトパッキン、耐久性を高めるインサーション製法など、さまざまな技術が採用されています。
セントラル浄水器は家庭の全ての水道水を浄水するので、浄水能力以外の性能もしっかりチェックしておかないといけないですね。
いつか家を買ってセントラル浄水器を購入する時の候補にしたいと思います。

ツインカートリッジで不純物をしっかり除去する浄水器「クリンスイエミネントⅡ」


浄水器によってカートリッジの構造が違っていて、浄水能力にも差があります。
クリンスイの浄水器「クリンスイエミネントⅡ」はツインカートリッジを採用していて、AカートリッジとBカートリッジの2つでしっかり不純物を除去してくれるようです。

Aカートリッジは中空糸膜を用いていて、0.1マイクロメートル以上の粒子や雑菌、赤サビなどを除去する役割を担っています。
Bカートリッジはセラミックと活性炭で構成されていて、残留塩素(カルキ臭)、農薬(CAT)、総トリハロメタンといった有害物質を除去してくれます。

「クリンスイエミネントⅡ」の他の特徴としては、液晶表示機能が挙げられます。
液晶でカートリッジ寿命やカートリッジ交換を知らせてくれるので、交換忘れがありません。
浄水器はカートリッジの交換時期を忘れがちなので、液晶で知らせてくれるのは助かりますね。

クリンスイの公式サイトによると希望販売価格は税抜で78,000円 (税込84,240円)なので、そこそこいい値段します。
もうちょっと安くで販売されているとは思いますが。
そうですね、この価格ならOSGコーポレーションの浄水器の方が欲しいかな。
魅力的な浄水器ではあるのですけどね。