小型サイズだから置き場所の自由度が高い「クリクラディスペンサー」


うちみたいなワンルームのキッチンはあまりスペースに余裕がないので、できればコンパクトサイズの浄水器がいいかなと考えています。
小型の浄水器はたくさんありますが、今日調べてみたところ「クリクラディスペンサー」という浄水器があることを知りました。
小型サイズの浄水器なので置き場所の自由度が高く、デザインもすっきりしているので圧迫感がなさそうです。
あまり主張しすぎる浄水器は好みではないですが、かといってデザイン性が低いのも避けたいので、そういう意味ではちょうどいい浄水器かもしれません。
サイズ的には私が探しているものに一致します。

この「クリクラディスペンサー」がいいなと思ったポイントがもうひとつあります。
それはタッチディスプレイ方式を採用している点です。
スマートフォンの画面のようにタッチして操作できるので、従来の浄水器のようなレバーは付いていません。
これも見た目がすっきりとしている理由のひとつです。
浄水器もタッチディスプレイを採用する時代になったのだな、と思わず感慨にふけってしまいました。
いうほど浄水器歴が長いわけではないですが…。

ただ、蛇口に取り付けるタイプの浄水器ではないので、私の中でのナンバーワン候補であるOGSコーポレーションの浄水器の牙城を崩すには至りませんでした。
いい浄水器だとは思いますけどね。

すっきりサイズだから冷蔵庫に収まりやすい「vikura浄水ポット」


vikuraの浄水器は前に少し調べたことがあるのですが、改めて調べてみるとポット型浄水器もあることを知りました。
「vikura浄水ポット」という名前のポット型浄水器で、見た感じすっきりサイズなので冷蔵庫に収まりやすそうです。
ポット型浄水器は冷蔵庫に入れておくことが多いので、冷蔵庫のポケットに収まるかどうかはとても大事ですね。
買ったはいいものの冷蔵庫に入らないと不便ですし。

形状は一般的なポットとそれほど変わりませんが、カートリッジが付いているので浄水できるというのがこの商品の良さです。
「vikura浄水ポット」という名前なので当たり前ですが、パッと見は普通のポットと変わりません。
あからさまにカートリッジが見えているとデザイン性が損なわれますが、カートリッジはカバーで隠れているのでいい感じです。
ちゃんと「vikura」ってロゴが入っていますしね。

本体頭部にダイヤルが付いているので、1ヶ月ごとに回せばカートリッジの交換時期を管理できます。
ポット型浄水器は毎日使うでしょうから、時期がきたらちゃんとカートリッジを交換しないといけませんね。

本格的な浄水器に加えて卓上浄水器も買おうと思っているのですが、ここにきてポット型浄水器も欲しくなってきました。
うーん、ポット型浄水器はそんなに高くないし買ってもいいかな。

卓上に置く浄水器なら「ウォーターロジックエッジ」が欲しい


OSGコーポレーションの浄水器をはじめとする本格的な浄水器を購入予定ですが、それとは別に卓上浄水器も買おうかなと思っています。
ご飯を食べている時に机の上で浄水したお水を飲めるのは便利だなと思いまして。
卓上浄水器もいろいろ探してみたのですが、これまでチェックした中では「ウォーターロジックエッジ」が最有力候補です。
デザインがすごくいいのでオシャレ感を演出できるかな、と。
ま、別に誰を家に呼ぶというわけでもないですが、どうせ買うならデザインがいい卓上浄水器が欲しいと思っています。

置き場所を問わない卓上浄水器なので、ベッドの横に置いておいて寝起きにお水を飲むという使い方もアリかなと思います。
寝起きの一杯は体にいいですし、睡眠中はたくさん汗をかいているので体がお水を欲しているので水分捕球が必要です。
卓上浄水器を置いて寝起きにお水を飲むなんて、ちょっとしたセレブ気分を味わえそうでいまからワクワクしています。

まだ正式に購入すると決まったわけではありませんが、本格的な浄水器と卓上浄水器の2つを買ってもいいかなと思っています。
それぞれ用途が異なりますし、2つあっても邪魔にならないので購入する方向で考えてみたいと思います。

コンパクトながら高濃度水素水を生成できる水素水浄水器「ナノビア」


柏崎ユーステックという会社が扱っている水素水浄水器「ナノビア」は本体サイズがコンパクトなのですが、高濃度水素水を生成するすごい性能を持っています。
水素発生量は20,000ppm以上、これは業界最高レベルだそうです。
水素水に詳しくないのでそのすごさがいまいち分からないのが残念ですが、家庭の水道で水素水を作れるのはいいですよね。
水素水を買ったら高いので、水道水から作ればかなりの節約になります。

「ナノビア」は水栓工事が不要でカンタンに取り付けができるそうです。
工事が必要だと面倒ですが、電源と水があれば設置可能ということなので、工事の手間がかからないのもこの浄水器のいいところだと思います。

浄水器内の掃除はクリーニングボタンを押すと自動で行ってくれるようなので、メンテナンスの手間もかかりません。
フィルタ交換の時期もボタンで知らせてくれるので、交換忘れを防止できます。
毎日使っているとだんだんフィルタが汚れて浄水能力が落ちてくるので定期的に交換しないといけないのですが、つい忘れてしまいます。
「ナノビア」はボタンで教えてくれるので助かりますね。

水素水を飲めるのは魅力的ですが、普通の浄水器でもいいかなという気もします。
OSGコーポレーションが扱っているような整水器は欲しいですけどね。