OSGコーポレーションの製品を評判から比較する


OSGコーポレーションの製品で以前にご紹介したのは浄水器のツインeとアルカリイオン製水器のヒューマンウォーターだったと思います。
それぞれがOSGコーポレーションの看板商品と言ってもいいのでしょう。浄水器とアルカリイオン製水器では価格帯も性能も異なります。実際に設置するならどちらがいいか、というか、自分の求める条件にはどちらが適しているかを比較してみたいと思います。
先ずは性能。ツインeは3種のフィルターで鉛・発ガン性物質・雑菌・サビ・にごりをカットし、カルキやカビによる臭みや有害物質も徹底除去します。毎分3Lの吐水量を浄水・原水シャワー・原水ストレートに切り替え可能。置き場所を選ばない構造も使い勝手が良さそうです。
ヒューマンウォーターは鉛除去材入りの高性能活性炭とマイクロフィルターで高い浄水機能を搭載。長寿命のカートリッジも魅力です。地域や用途に合わせて調整できる全10段階の水質設定と平板電解槽タイプで最高レベルの電解効率、アルカリ電解力を維持するために使用ごとに電極を自動洗浄する特許技術などが特徴といった特徴があります。
キレイな水にするか、体に良い水にするかの違いですが、どちらも味に違いはないのだとか。実は本体価格が4倍近く違うこともあり、余程の健康志向や療養目的でないなら浄水器で十分という口コミが目立ちます。